大根のように車を買いに行った話

二十歳を過ぎて、会社に勤めるようになってからしばらくたったころのことです。
そろそろ車が欲しいなと思うようになりました。
我が家は昔からローンを組んで何かを買うようなことはしない家系です。
父がプロポーズした時の決め台詞は、「借金はありません」だったそうです。
なので初めからローンを組んで買おうなどという気は全くなく、毎月コツコツと車資金を貯めていました。
目を付けていたのは、ダイハツムーヴです。
黒夢がCMソングを歌っていた、エアロダウンカスタムになぜか惹かれていました。
まわりの友人たちはワゴンRのほうが言いと言ったのですが、ぼくの気持ちはすでにムーヴに決まっていました。
特に黒夢が好きだったわけではないのですが。
カラーもCMに使われていたワインレッドに決めており、ついに準備が整いました。
近くのダイハツのお店に行って、「ムーヴ エアロダウンカスタムのワインレッドが欲しいのですが」といって、値段を確かめて、現金で払いました。
後日友人から、「お前、車を大根みたいに簡単に買うな」と言われました。

新年早々かなり痛手な出費になりました

忘れもしない2015年1月1日のことです。
友人の女性と遠くの有名な神社で初詣に行った帰りのことでした。この日より少し前から愛用していた車からは少し異音のようなものがしていたのですが、この日はいつも以上に異音が大きい感じがしました。
元旦ということもあり翌日以降に修理に出すべきかと考え、ようやく自宅近くまで来たときに突然ガタン!と大きな音を出し、それ以降はずっとカラカラ大きな音が出るようになってしまいました。
その日は何とかその状態のまま帰ることができましたが、翌日業者見てもらうと修理に30万以上はかかるとのこと。
購入してから7年ほど経っていたものの、その車を気に入っていたこともあり修理する方向で考えていたのですが、ディーラーの営業マンからその車の新モデルの試乗車がちょうど出ているので買い替えをしないかと提案があったのです。
新モデルが出ていたことはもちろん知っていたのですが、多少好みからズレていたことと、価格が新モデルのほうが高めだったこともあり乗り気ではなかったのですが、試乗して思いの外乗り心地良かったことと、営業マンがかなり頑張って値下げしてくれたため故障から1週間、あっさり買い替えを決めてしまいました。
不本意な買い替えでしたが、結果としては満足な車の買い替えになりました。

セールスマンの人柄でアクセラ購入

イプサムを所有しており、キャンプ・スキーなど多目的に使用していましたが、子供も大きくなり一緒のお出かけも減っていき、イプサムを手放し、アクセラを購入しました。アクセラにするか、他社のインプレッサにするか迷ったのですが、以前からマツダ車が好みでだったのと、実車したアクセラの走りは気持ちいいくらいスムーズ走り、坂道も楽々登って行く感じでした。ちょうど特別仕様車でしたので、装備もナビやハンドルとシフトノブが憧れの本革を使ってありまし、オーディオも申し分ないくらい音質も良かったです。内装も黒重視でシックな感じがよかったように思います。かなり悩みましたが、最後の決め手は担当のセールスマンでした。その方は女性でしたが、こちらの質問にはきっちりと対応をしてくれました。どんな細かいところまで、こちらが不安・不満があれば、全て解消してくれました。40歳を過ぎて初めての新車でした。