車を売ってもらえなかったから理想の新車に出会えた

数年前、約10年程乗っていたトヨタのCamiを車検に出さずに買い換えることにしました。さて次はどんな車にしようかなとインターネット検索した所、某メーカーの7人乗りのミニバンを発見しました。
休みの日に家族で某メーカーへ出向き、実物を見ると共に試乗しました。思い通りの車だったため購入したい旨を伝えました。
しかし、担当したスタッフは上から目線な態度で「この車はいつ納車できるか分かりません。」と言うのです。でしたら、分かり次第連絡下さい。と言い残し帰宅したのですが一週間経っても連絡は来ませんでした。
さあどうしよう。あの車以外に考えられずインターネットで色々調べていたらマツダのプレマシーが同じ車の仕様だと判明しました。外観はだいぶ違いましたが、どちらかと言えばプレマシーの方が可愛くて好みの形でした。
早速マツダへプレマシーを見に行き、試乗させて貰いました。とても良い乗り心地な上に可愛いフォルムです。購入を検討したい旨を伝えると、即決したら十万単位で値引きしてくれることになりました。
スタッフの態度も前回訪れた某メーカーとは雲泥の差でとても良く、そのまま新車で購入に至りました。
某メーカーのスタッフの態度があったから、欲しかった車種より更に理想の新車が手に入ったので今となってはスタッフに嫌な態度を取られて良かったかなと思っています。

3年毎の買い替えで夫の夢が叶いました

13年程乗っていた前の車が、そろそろ寿命を迎えたので、新車を購入することになりました。
我が家では、車は夫が職場へ行く時に乗って行くので、車種も夫が好きなものに任せました。
すると、ある晩、ディーラーの方が中古車を貸してくれたから、ちょっと乗ってみないかと言うのです。

外に出て、腰を抜かしそうになりました。
そこには外車があったからです。
夫はその外車に前から興味があったのですが、仕事からの帰り道に、新しく出来たそのメーカーの営業所を見て、ふと寄ったのだそうです。

毎月のローンの支払いは3万円程、その代わりまだ古くなる前の3年経ったら買い替えをすれば、購入金額より大きく下がることなく売れるそうで、この辺りの方達はこの方法を取ることが多いとか。

乗った感じは、スムーズで滑らかな走りだなと思いました。

毎月3万円と聞けば、私も
「あなたが気に入ったのなら」
と、返事をしました。

しかし、ローンの最後の回の金額を見て、またビックリ。
当然、最後の回に残債+利息が付きますから、数百万円になるのです。
もちろん、これは3年で買い替えることを前提としたローンの組み方です。

夫はとても大切にこの車の手入れをしています。
そんな姿を見ると、購入して良かったと思いますが、3年経ったら必ず買い替えることを、私も忘れないようにしたいと思います。

10年乗った大切な愛車を下取り

新車で買って10年乗り、ボディコーティングも2年ごとに施工していた大切な愛車を下取りに出すことになりました。
高齢の父が乗っている新しい車を譲り受けることになった為、大切だけど古い愛車はサヨナラすることにしました。
車音痴の私なので、セルフメンテナンスはゼロ、ディーラーさんでのメンテナンスは毎年入れていたため、状態は良いが、消耗品はあちこち時間の問題な物があるとの事でした。父から譲り受ける次の車も同じディーラーさんですし、事情も正直に説明したので、ディーラーさんは複雑な様子でした。なんとなくやる気がないようにも感じられ、正直、0円かなぁという思いも、引き取りにお金請求されるかもしれないという思いもありました。
そんなドキドキの日々を過ごし、連絡を待っていると、なんと10万円との事でした。正直、予想外でしたが、とても嬉しかったです。失礼ながらディーラーさんの表情からはそんな数字が出ると思えませんでした。